ブランドの概念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一般的に「ブランド」というと、高価な商品や高価な商品を作る会社が作った商品のことをイメージします。
元来、「Brandr」という古期スカンジナビア語の「焼き付ける」という意味を表す言葉に由来するといわれています。
個人で所有する牛や羊などの家畜に、個々人が所有する家畜と他人が所有する家畜を識別するために、焼印を入れ区別していました。
その印が語源だといわれています。
その後、時を経て「ブランド」という概念を持つ品物の価値が高まっていったのです。
このブランドという概念により、売り手やその集団の価値やサービスを、他社製品から区別するための名称や言葉、記号、シンボル、デザインなどを用いて識別させるための重要な手段の一つで、消費者にとって、または制作する企業にとってもブランドイメージが担う役割は大きくなっています。
消費者にとってのブランドの役割は、購買までの時間やコストを節約するための識別機能や、品質保証を確保するための識別機能、自己の嗜好やセンスをブランドを用いて表現するための手段などが考えられます。
企業にとってのブランドの役割は、他社との識別や区別により競合するための差別化が図れること、顧客に対するイメージを確立することで、安定した利益を確保することができること、同じ製品でもブランドイメージを作り上げることで、顧客に対する安心感や信頼を得ることにより、価格が少々高くても利益を得ることができ利益率が高まることなど、様々なメリットが考えられます。
ブランド品というと、海外の企業が制作し輸入されるファッションやバッグのイメージが強くありますが、企業の戦略として、国内でも多く使われている企業戦略の一つだということができます。
この「ブランド」を確立するためには、他社製品と区別または差別化できることが前提となり、品質の高さに加え、デザイン性や製品イメージなどを洗練させ、顧客と市場の信頼を獲得し、製品のファンを作る必要性があります。
価格が安いから良いということでもなく、逆に高いから良いということでもなく、時代と顧客のニーズやその調整を行いながら、安定した製品を世に生み出していかなければなりません。
また、法的な面からいえば、ブランドとは、商法、不正競争防止法、商標法、意匠法などの対象になっています。
高級なブランドから買い求めやすいブランドなど、多くのブランド製品が存在しています。
どんなイメージを打ち立てるか、また、打ち立てたブランドイメージが消費者の持つイメージを裏切ることなく、期待通りの商品を市場に送り出せるか、企業の日々の努力や企業戦略が重要だといえるでしょう。

注目の情報