地域経済の発展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本国内全体の経済活動が委縮し、地方にもその影響が及ぼされるようになりました。
地域振興や活性化の必要性が重視されるようになり、日本ブランドの確立と共に地域ブランドの確立が推進されています。
2006年に商標法の改正が行われ、地域名を含んだ商品の商標登録の基準が緩和されることになり、国内における地域ブランドの確立の推進体制が整えられました。
さらに、2013年に行われた商標法の改正案が検討されており、全国各地のご当地グルメを農産物や地域ブランドとして確立してきた伝統工芸品に加え、地域団体商法制度の登録の対象とし、商工会議所やNPO法人の登録が可能となる予定となっています。
日本がTPPに加盟し国際的標準に商標登録制度を合わせていく場合、製品のブランドとしての知的財産を守るため、広告に使われる文字や図形、記号に加え色彩や動画における音や動きなど詳細に渡り保護され、日本の特許庁に申請するだけで国際的な登録が可能となり、煩雑な手続きを行う必要性がなくなります。
ただし、日本国内に限らず、各国が商標の範囲を拡大し、世界市場を視野に捉え、グローバル経済が確立することが今後の時代の流れとなっていくと考えられています。
各地域には地域ならではの文化や魅力があります。
農林、畜産、水産、工業、工芸などの地域の産物や観光地、住みやすさなどがあげられます。
また、起業するための環境や投資の受け入れ、事業所誘致が行いやすいかという点も地域の特性としてあげられるでしょう。
こうした地域独自の製品やサービス、資源を、グローバルに展開していくためにはどのように政策を行っていけばいいのでしょうか。
世界はインターネットを使えば個人的に世界に向けて情報を発信することができる時代になりました。
地域ブランドの発信も、他の誰かに依存することなく、各都道府県や企業や個人があらゆる可能性を模索し、事業として展開していくことが重要です。
各地での体制づくりや人材育成や起業支援を行い、先ずは地域の名前を知ってもらうことから始め、世界に向けたアピールを推進していくことが重要です。
時代に乗り遅れることのないよう、各国の情報を収集し、国の支援体制をさらに強化しながら、各地方が自立し内需拡大と共に外需拡大を目標に掲げ、グローバルな時代を乗り越えていけるよう、官民一体となり他国に遅れを取ることなく、積極的に体制を整えていかなければならないでしょう。
日本は島国ということもあり、先進諸国より発信が遅れる傾向があります。
国の動きを待つのではなく、地域ブランドを地方からいち早く発信していくことで、日本経済を支えることができれば、さらなる住みやすい地域づくりと国づくりに繋がる可能性を秘めているといっても過言ではないでしょう。

注目の情報