世界のファストファッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高級ブランドとは異なり、時代とともに商品の回転が速く安価で顧客を飽きさせることのないファッションとして、ファストファッションが確立しました。
日本ではユニクロやしまむらが有名ですが、世界的にはアメリカのGAPやフォーエバー21、スペインのZARA、スウェーデンのH&M、イギリスのTOPSHOPなどが代表的な企業で、世界各国に店舗が展開されています。
アメリカのGAPは比較的古く、1969年にカリフォルニアで創業され、ヒッピーといわれるティーン世代をターゲットとした、ジーンズ専門店として展開することにより成長を遂げました。
世界中で約4000店舗を持つブランドで、他にオールド・ネイビーやバナナリパブリックも同グループのブランドとなっています。
クリーン、シンプル、オールアメリカン、グッドデザインというコンセプトにより、流行に流されないベーシックなデザインを基調とし、時代とともにトレンドを取り入れながら、デザイン性を重視した製品も展開しています。
フォーエバー21は、1984年アメリカロサンゼルスに設立され、当時は創業者が韓国系アメリカ人だったので、ロサンゼルスに住む韓国系若者が好むブランドでしたが、2001年から全米各地で大型店舗を出店させ、2009年には東京原宿店をオープンさせ、世界的なファストファッションブランドとして確立しています。
スペインのZARAは、1975年スペイン国内に店舗をオープンして以来急成長を遂げ、欧米アジア諸国に1600店舗以上展開しています。
在庫を抱えないように少量生産を行い、売れても補充しないという方法が取られています。
流行に関わらず製品づくりをしているので、商品開発が1、2週間で行われ、世界の店舗に送られる仕組みになっています。
スウェーデンのH&Mは1947年婦人服専門店として創業し、その後、買収が行われ紳士服の取り扱いも行うようになります。
1964年には国外店舗としてノルウェーに進出し、以降35カ国約2000店舗を展開しています。
日本には2008年銀座にオープンして依頼、コム・デ・ギャルソンとのコラボレーション等も行われ、確実に都市圏を中心に店舗を拡大しています。
イギリスのTOPSHOPは、1964年に北イングランドのデパートにオープンし、1990年代までは一般的なアパレル専門のチェーン店を展開していました。
その後、1994年に巨大店舗をオープンさせ、低価格かつファッション性の高いブランドとして確立しています。
現在はイギリス国内で315店舗、国外には137店舗展開するグローバルレディースブランドで、TOPMANが紳士服を展開しています。
ハイストリートファッションブランドで、ファストファッションという低価格帯の商品を展開しながら、高いファッション性を保ち続けています。
新宿、原宿、横浜、大阪店とは別にZOZOTOWNにも公式オンラインショップとして展開しています。